スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

解雇やクビ、残業代の不満があれば労働組合へ!

仕事の悩みとして、
労働組合がたよりになることがあります。
会社の労組が御用組合化している場合、
個人労組に頼ることも手です。

主に全国一般や首都圏ユニオンなど、合同労組と呼ばれる組合が、
相談にのってくれます。
全国一般は主に全労協系で社民党系、首都圏ユニオンは共産党系が入っているといわれていますが、
実際のところは政党自由でそこまで束縛はありません。

ちなみに組合を自分で結成する場合はかなり労力がかかりますので、
これらの既存の労組に助言を求めるのが良いと思います。

会社に既に出来ている組合に加入する場合は、一人でも組合員になることが出来ます。しかし、新しく組合を作る場合は一人では組合にはなりません。少なくとも二人以上、出来れば職場や会社の過半数の人たちが参加した方がその後の運動がやり易くなります。ですから日頃から職場で多くの仲間を作っておくことが大切です。

最初から大勢の人が集まれば、会社の目に触れることが多くなります。最初は2~3人或いは4~5人程度までが限度でしょう。仲間を裏切らない信用できる人を中心にしましょう。

次に、会社での不満や要求を整理する。
労働組合を作る場合、会社に対する日常の仕事の内容ややり方への不満や、会社の低い労働条件が原因となります。労働組合が出来ればこれらの問題を解決していかなければなりません。
従って従業員は何に不満があって、どのように改善しようとしているのかを整理しておいた方が、その後の行動を素早く決定できます。

ただ、当然のことですが労働組合が結成されるまでの間は、どんなことがあっても会社に察知されないように注意しましょう。会社に事前に漏れた場合は必ずと言っていいほど組合結成は妨害されます。
中心となる少数の人たちは、集まる場所や時間、メモ等に注意して、準備活動が事前に会社につかまれることのないよう警戒心を高めましょう。

会社が労働組合をつぶしたり、組合活動家を解雇したりすることは、労働組合法第7条によって禁止されています。この労組法7条違反を不当労働行為といいます。

働組合作りがどのように保護されているか、また会社側の組合つぶしの『常套手段』などについて学習し、自分自身が確信を持って組合作りを進めることが大切です。その場合私たちに連絡いただければ、どんな所でもどのような時間帯でも参加させていただきます。もちろん無料です。

組合を作る場合、会社の中だけで作るか(企業内組合)、全国一般などのように既に作られている組合に加入するか(一般労組)によって、準備作業は違ってきます。


いったん組合結成を決意した活動家は、会社に嫌われないかとか、出世の道を絶たれないかといった逡巡は参加する組合員の心理を不安にさせる原因となります。労働組合の結成は決して反社会的な行為ではありません。自信を持って立ち上がりましょう。
法律で認める当然の権利行使を潰そうとする会社の動きこそ法律違反なのですから、どんな事があっても、会社に対して態度を変えない決意と組合員を裏切らない態度が必要です。


なお、組合員費は毎月給料の1~2%程度が相場。
周りの困った皆さんも助けてあげると思い、
ボランティア精神で一生懸命熱心に活動している方も多くいます。

スポンサーサイト

2013年03月26日 ■退職の問題点 トラックバック:0 コメント:1

<< ブラック企業大賞2013 | 職歴半年20代、第二新卒の転職奮闘日記!2015年版TOP | 2013年「就職企業ランキング」に東京電力、野村證券、楽天がランクイン >>

はじめまして、ブログすべて読みました。最終的に管理人さんは仕事お決まりになったのですか?

2013年03月28日 ポチ URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

【転職・就職希望者必見!!】今さら他人に聞けない!!ビジネスマナー・文章の記入例と自己PRの例文・書き方